ダルエスサラーム便り


Habari za Dar es Salaamタンザニアからの手紙Kusikia si kuona
TupoHabari kutoka Lukani歴代スタッフのHabariの本棚


キンゴルウィラ村便り/Habari kutoka Kingolwira

Yaummy Nyombe ヤウミ

Habari kutoka Kingolwira -No.26



この便りの筆者で弊社スタッフであるYaummy(ヤウミ)が11月10日から19日まで訪日します!
大阪では11月17日(土)に「NGOスタディツアー合同説明会」に出席予定です。詳しくはここをクリック!

※日本語訳が下にあります。

Kingolwira is among the villages that the weather has grown to fluctuate almost every year and is a village and eyes by now has grown and many residents visitors from various parts of the country from the growing industry and many have grown up coming for seeking different jobs, beginning the 2000 years there were two factories only in presence of sisal and tobacco, but now has increased and other industries two including a fruit factory for making various drinks and factory manufacture of cigarettes that is bean late 2017 being a neighbor completely and Tobacco factory.

In a trip to the AT in 2018 we tried to visit the nearby village of Mkuyuni where there are begun to cultivate a new crop of business in the name of vanilla, we tried to find one expert of the cultivation of the crop and took us to his farm, which are usually used as FFS(Farm For Sample) for other villagers who would like to cultivate the crop to get their education it also has other products like cloves, abdallah sini, and strawberry on a small film he grew up he began trying to cultivate.

Similarly we tried something else which also previously we never do is to climb the mountain of Uluguru to the village of Magadu and the nearby village of Mkonga, and it grew is good, though a bit hard for climbing a mountain but I think almost all of them were happy with how the environment of the city Morogoro appears on a hill also relatively different weather and other section down the corridor.

   Also in visiting primary schools this year we went to a school called the Ujirani primary school is like three kilometers from the village of Kingolwira, in school, three-quarters of its students are of the same ethnic group of Maasai and the school which was established for the purpose of helping children Maasai to get basic education to develop this ethnic group. They are breeders only educational matters grew not so important to them that one of these men of the Maasai decided to set up as a single class. So her children could read that the government saw the importance and to be able to build the school completed, although there are challenges here and there but they are getting education.

And these are just a few of the village with a trip to Alternative Tour Kingolwira 2018

 

(06/11/2018)




キンゴルウィラは、毎年気候が安定しない村の一つです。そして、ここには、今や発展する産業があり、国中のいろいろなところから多くの訪問者や移住者が職を求めてやってきています。2000年代の初めにはタバコ輸送のためとサイザル麻加工のたった二つの工場しかありませんでしたが、今はほかの産業も増えました。様々な飲料を製造する果物工場や2017年末にタバコ輸送のための工場のそばにできたタバコ製造工場などの二つも含めて。

2018年のAT(オルタナティブツアー)では、新しい作物としてバニラの栽培を始めた近隣のムクユニ村を訪ねてみました。その栽培を行っている専門家の方に農場に連れて行ってもらいました。その農場は普段、自分たちの向学のためにその作物を栽培しようとする村人たちのサンプル農場として使用されています。また、そこの小さな畑では、クローブ、アブダラシニやイチゴなどのほかの作物も試験的に作られています。

あと、わたしたちがトライしたことは、以前はしたことがなかった、マガドゥ村とその近くのムコンガ村へのウルグル登山です。ちょっと山道はきつかったですが、下界との気候の違いや、丘の上からのモロゴロ市の眺めとそれをとりまく環境をATの参加者たちも楽しんでくれました。

また、今年はキンゴルウィラから3㎞の距離にあるウジラニ小学校を訪ねました。その学校の児童の4分の3はマサイ人で、マサイの子どもたちへの基礎教育の支援のために作られました。彼らは遊牧民なので、教育問題はそれほど重要視されていませんでした。でも、あるマサイが教室を一つ作ろうと決め、彼女の子どもは読み書きができるようになったのです。その重要性を知った政府は、学校を完成させました。まだ困難はありますが、教育を得られるようになったのです。

今年、2018年のキンゴルウィラへのATの報告でした。

 

(2018年11月06日)


キンゴルウィラの子どもたち/Children of Kingolwira/撮影:小原哲也さん

キンゴルウィラ!/Kingolwira!/撮影:小原哲也さん


バックナンバーへ

キンゴルウィラ村へのお誘いへ

トップページへ戻る